【QA】タブレットを使っているのですが・・

こんにちは、

緒方です。


期間限定で

特典を付け加えたプログラムを

紹介しましたが、


タブレットをご利用の方に

いくつかご質問を受けましたので

それら回答を

シェアしたいと思います。


> サンプルのPDFファイルは
> タブレット版のAdobe Readerで
> 再生できないのですか?


タブレット版(アプリ)の

adobe readerの場合


タブレット版(アプリ)の

adobe reader自体に

マルチメディアの再生機能が

ないので


添付されている音声を

再生することが

できません。


ただ、PDFファイルには

音声が添付されていますので


今後、Adobe社が

アプリ版のほうにも


マルチメディアの

再生機能を

付け加えることが

ありましたら


そのときには、

再生できるようになるのでは

ないかとと思います。


> PDF以外に楽譜を見ながら
> 再生できる方法はありますか?
>

はい。

アプリ版しか使用できない

タブレットや

スマホの場合でも


楽譜と一緒に

再生できるように


オンラインの

ウェブトレーニングページを

用意しています。


ですので、

Chromeやサファリなどの

ブラウザを利用して


楽譜を見ながら

音声再生することができます。


> インターネットを常時接続していない
>
> もしくは一定量で制限されてしまうので
>
>
> オンラインのウェブトレーニングページを
>
> ダウンロードして

> 使用することができますか?


はい。


音声MP3などは

データ容量が大きいので

ウェブトレーニングページを


あらかじめすべて

ダウンロードできるよう

用意したいと思います。



そしていったん

ダウンロードしてからは


お持ちのブラウザで

指定のスタートファイルを開けば

インターネット接続

(WiFiも含む)しないで


始められるように

なると思います。



以上、回答になりますが

もし、わかりづらい点やその他

ご質問などでてきましたら

お気軽にお問い合わせください。




最後に今回おしらせした

プログラムの詳細ページと

期間限定の特典について

お知らせしておきます。



■『7Step Ear Training』詳細ページ

http://eartraining.jp/7step/letter/



<<期間限定>>

■その1

ピアノ→ドレミ音声(ドレミ→ピアノ音声)



今回2/15(月)

までに


お申し込みいただいた

方には


フレーズごとに

ピアノとドレミが

入れ替わる音声

を付け加えます。


具体的にどのような音声

なのかというと



例えば、

「ドレミー、レミファー、ミファソー」

といった練習曲の場合


1.まずピアノで

「ドレミー」と演奏される


2.次にドレミ音声で

「ドレミー」と歌われる


3.そして次のフレーズ

「レミファー」が

ピアノで演奏される


4.つづけてドレミ音声で

「レミファー」と歌われる


5.ピアノで

「ミファソー」と演奏


6.ドレミ音声で

「ミファソー」と歌われる


といったような

音声です。


■その2


さらに

「銀行振込・郵便振替」で

お申し込みいただいた

場合には


「C major Harmony Training」

という

和音のプログラムも

差し上げます。


シンプルですが

ハ長調で使われる3和音を

練習するものです。



まず、7ステップで

音程と音階をマスターし


最後の仕上げとして

この和音プログラムを

使えば


ハ長調の音程はハ長調で

出てくる音程は


ほぼ網羅されていること

になると思います。



今回の期間限定の特典を

すべてほしい場合は


2/15(月)

までに


以下のページに

アクセスし


お申し込み画面から

決済ページのカート画面で


「銀行振込」もしくは

「郵便振替」を選択し

お申し込みください


http://eartraining.jp/7step/letter/




━━━━━━━━━━━━━━━
発行者:緒方晶圭
連絡先:info@akiyoshiogata.com
HP :http://eartraining.jp/
ブログ:http://chorubungen.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━

タグ:タブレット

【期間限定】ピアノ→ドレミ音声もつけたプログラム

おはようございます、

緒方です。



前回までに

コールユーブンゲンの

ハ長調までを

終えることができました。



そこで、ハ長調の

2度〜7度音程まで


音程だけの

練習問題をまとめた

プログラムを

お知らせしておきます。



■『7Step Ear Training』

http://eartraining.jp/7step/letter/


このプログラムは、

コールユーブンゲン

のなかから、


特に出題されやすい

音程の課題曲

(音階、2度音程、

3度音程・・など)を

抜き出し、


まとめた

プログラムです。



音大受験などで

コールユーブンゲン

すべてを学ぶ

必要がない方や


受験までに時間がなく

てっとりばやく

効果的に


仕上げたい方のために

用意しました。



ドレミ音声がついているので

聞き流しでもできますし


聴音やソルフェージュなど

未経験の方でも

とてもやりやすい

プログラムだと思います。




<<期間限定>>

そして、

今回2/15(月)までに

このプログラムを

お申し込みいただいた方には


この7stepプログラムを

完全にマスターできるよう

特別に音声を用意して

差し上げようと思います。



すでに

ミックス音声として

・スピーカのLからピアノ

・スピーカのRからドレミ

が再生される音声は

備え付けてあるのですが


新たに付け加える音声は

フレーズごとに

ピアノとドレミが

入れ替わる音声です。



つまり、どういうことかというと

例えば、

「ドレミー、レミファー、ミファソー」

といった練習曲の場合


1.まずピアノで

「ドレミー」と演奏される


2.次にドレミ音声で

「ドレミー」と歌われる


3.そして次のフレーズ

「レミファー」が

ピアノで演奏される


4.つづけてドレミ音声で

「レミファー」と歌われる


5.ピアノで

「ミファソー」と演奏


6.ドレミ音声で

「ミファソー」と歌われる



といったような

音声です。



1曲の練習曲でも

だいたい30秒〜1分は

あるので


これまでは

ピアノとドレミ音声を

つづけて聞いても

記憶力が持たない場合

がありました。



しかし、この音声は

フレーズごとに

ピアノとドレミ音声が

切り替わるので


すぐに聞き取ること

ができたか

確認することができます。



たとえるなら

英語教材で

英単語のあとすぐに

日本語で訳してくれる、


といったような

ものです。



また、逆のパターンも

用意しており


まずドレミ音声で聞いて

ピアノで確認する、


といった音声も今回付け加えたい

と思います。



今月の15日まで

(あと4日)に

申し込まれた方には


もれなくお渡ししますので

この機会に

ぜひご検討ください。


■『7Step Ear Training』詳細ページ

http://eartraining.jp/7step/letter/



緒方晶圭



追伸:

実は、すこし緊急でお金がいるので

「銀行振込・郵便振替」で

お申し込みいただいた方には


さらに「C major Harmony Training」

という

和音のプログラムも

差し上げたいと思います。



シンプルですが

ハ長調で使われる3和音を

練習するものです。



まず、7ステップで

音程と音階をマスターし


最後に

この和音プログラムで

しめくくれば


とりあえずハ長調の音程は

確実なものに

なっていくと思います。



この和音のプログラム

もほしい場合は


以下のページに

アクセスし


お申し込み画面から

決済ページのカート画面で


「銀行振込」もしくは

「郵便振替」を選択し

お申し込みください


http://eartraining.jp/7step/letter/



━━━━━━━━━━━━━━━
発行者:緒方晶圭
連絡先:info@akiyoshiogata.com
HP :http://eartraining.jp/
ブログ:http://chorubungen.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。