短調についてまとめました

こんにちは、

緒方です。



前回は、

ハ短調でつかわれる


短音階について、

確認しました。



・和声的短音階

(ハーモニック・マイナー

・スケール)


・旋律的短音階

(メロディック・マイナー

・スケール)


・自然的短音階

(ナチュラル・マイナー

・スケール)


3つの音階について

でした。



和声的短音階

(ハーモニック・

マイナー・スケール)は、


短調の楽曲のなかで

和音として



また、旋律的短音階

(メロディック・

マイナー・スケール)は、


主にメロディとして

使われる音階でした。



自然的短音階

(ナチュラル・

マイナー・スケール)

については、


コールユーブンゲン

では、取り上げられて

いませんが


和声的短音階、

旋律的短音階の


2つを

統合したような

音階(スケール)


として

記憶しておくとよい

と思います。



また、前回は

ハ短調(Cマイナー)

の場合で

解説しましたが


長調(メジャー)

のときと同じく


短調(マイナー)

にも

主音の異なる

さまざまな調があります。



しかしながら、

長調の場合と同じく

短調の場合も


ハ短調(Cマイナー)を

移調して考えれば


すべての音階を

導き出せます。



ひとつひとつの調を

説明していってもよいのですが


長調の場合と

同じように


ワンパターンな内容に

なってしまいますので


あとはご自身で

確認しておいてください。



とりあえず、

短調のスケールを

自然的短音階

のみですが


まとめて

おきました。



そこから


和声的短音階

(ハーモニック・マイナー・スケール)


旋律的短音階

(メロディック・マイナー・スケール)

上行、下行の音階を


引き出せると思い

ますので


ぜひトライしてみて

ください。



━━━━━━━━━━━━━━━

13つの短調(マイナー)

━━━━━━━━━━━━━━━


1.ハ短調(Cマイナー)

 ド・レ・ミb・ファ・ソ・ラb・シb


2.ト短調(Gマイナー)

 ソ・ラ・シb・ド・レ・ミb・ファ


3.ニ短調(Dマイナー)

 レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シb・ド


4.イ短調(Aマイナー)

 ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ


5.ホ短調(Eマイナー)

 ミ・ファ#・ソ・ラ・シ・ド・レ


6.ロ短調(Bマイナー)

 シ・ド#・レ・ミ・ファ#・ソ・ラ


7.嬰ヘ短調(F#マイナー)

 ファ#・ソ#・ラ・シ・ド#・レ・ミ


8.嬰ハ短調(C#マイナー)

 ド#・レ・ミ・ファ#・ソ#・ラ・シ


9.嬰ト短調(G#マイナー)

 ソ#・ラ#・シ・ド#・レ#・ミ・ファ#


10.変イ短調(Abマイナー)

 ラb・シb・ドb・レb・ミb・ファb・ソb


11.変ホ短調(Ebマイナー)

 ミb・ファ・ソb・ラb・シb・ドb・レb


12.変ロ短調(Bbマイナー)

 シb・ド・レb・ミb・ファ・ソb・ラb


13.ヘ短調(Fマイナー)

 ファ・ソ・ラb・シb・ド・レb・ミb



※音階は、自然的短音階

(ナチュラル・マイナー・スケール)

で表記しています。



━━━━━━━━━━━━━━━


さまざまな短調の

練習曲は、


コールユーブンゲンの

No.73〜85です。



お持ちの方は

練習曲についても


ぜひ確認して

みてください。



※ドレミ・・でうたった

コールユーブンゲンの

プログラムについてはこちら


http://eartraining.jp/mets/letter


※移動ド版も追加できます。


━━━━━━━━━━━━━━━

ある音から3番目の音までの音程を・・

音階(スケール)のなかで

ある音から3番目の音まで
の音程を3度音程といいます。

たとえば、
「ド・レ・ミ」で
「ド」と3番目の「ミ」の音程、

「レ・ミ・ファ」で
「レ」と3番目の「ファ」の音程は

それぞれ3度音程となります。

数える時は数え始める音もいれて
数えることに注意してください。


そして、
3度音程には

 ・半音4つ分の長3度と
 ・半音3つ分の短3度が

あります。


長3度は、同時に鳴らすと明るい響きになり、
短3度は、暗い響きになります。


ハ長調の音階「ドレミファソラシド」のなかで

長3度(半音4つ分)は

「ド−ミ」
「ファ−ラ」
「ソ−シ」

の音程です。


短4度(半音3つ分)は

「レーファ」
「ミ−ソ」
「ラ−ド」
「シーレ」

の音程です。


3度音程を練習するときは
「長3度」と「短3度」となる音程を
それぞれ確認してから、

それらの違いを意識して
練習すると効果的です。


人気ブログランキングへ(クリックいただけると嬉しいです。)

休止符について

コールユーブンゲンのNo.1〜No.7までは
休止符がつかわれていない
楽曲ばかりを練習します。

これらの楽曲では
音符を拍ごとにそのまま発音すれば
よかったのですが

No.8以降、もしくは通常の楽曲では
「休止符」が使われているのが
ほとんどです。


休止符とは、
読んで字の如く「休み」で
発音しないということです。

しかし、ここで
注意しないといけないのは

「休み」だからといって
音楽が無くならないということです

つまり、リズム(の流れ)が
止まるわけではなく

リズム(の流れ)のなかに
「音のある部分」と
「音のない部分」が
現れてくるということです。


コールユーブンゲンを活用したプログラムはこちらです。

http://akiyoshiogata.com/onkan/

2度音程とは?

2度音程は、
音階(スケール)で使われる
ひとつの音と
その隣り合う音との
音程(距離)です。


わかりやすくハ長調(Cメジャー)の
「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」
でいえば


「ド」とその次の「レ」の音程は「2度音程」

「レ」とその次の「ミ」の音程は「2度音程」

「ミ」とその次の「ファ」の音程は「2度音程」

        ・・・

といった感じです。


しかし、2度音程には
「長2度音程」と「短2度音程」
があります。

長2度音程は、
全音(半音2つ分)の音程

短2度音程は、
半音(半音1つ分)の音程です。


ハ長調(Cメジャー)では

長2度音程は、

「ド と レ」
「レ と ミ」
「ファと ソ」
「ソ と ラ」
「ラ と シ」

短2度音程は

「ミ と ファ」
「シ と(オクターブ上の)ド」

で使われています。


音階(スケール)を歌ったり、
音をイメージして練習するときは

「長2度」と「短2度」の違いを
しっかり意識する、

逆に、
同じ「長2度」の場合は
同じ「長2度」の音程であることに意識する、

(例:「ドとレ」と「レとミ」が
それぞれ同じ長2度音程であることを意識する)

同じ「短2度」の場合は
同じ「短2度」の音程であることに意識する

(例:「ミとファ」と「シと(オクターブ上の)ド」が
それぞれ同じ短2度音程であることを意識する)

と、より練習の効果が高まります。

度数と音程の関係とは?

音階(スケール)でつかわれる音は
主音を「1度」として

その次の音から
「2度」「3度」「4度」
「5度」「6度」「7度」

と順番に番号をふって呼びます。

これを度数(どすう)と
言います。


一般的には
この度数をローマ数字で
あらわすことがあります。

1度 = I
2度 = II
3度 = III
4度 = IV
5度 = V
6度 = VI
7度 = VII


わかりやすくハ長調(Cメジャー)
で説明すると

ド = 1度(I)
レ = 2度(II)
ミ = 3度(III)
ファ= 4度(IV)
ソ = 5度(V)
ラ = 6度(VI)
シ = 7度(VII)
  
となります。



そして、注意しないといけないのは

この度数は、
音程(距離)をあらわす
呼び方でもあることです。


つまり

「ド」と「レ」の音程は「2度」

「ド」と「ミ」の音程は「3度」

「ド」と「ファ」の音程は「4度」

「ド」と「ソ」の音程は「5度」

・・・


といいます。


音程(距離)なので

「ド」と「レ」の音程は「2度」と言うように

「レ」と「ミ」の音程も「2度」

「ミ」と「ファ」の音程も「2度」

「ファ」と「ソ」の音程も「2度」

と言います。


なので、コールユーブンゲンや音楽理論の
書籍などを学ぶ際に、

「2度」、「3度」・・・
などあらわされた言葉が

「度数」を意味するのか?
「音程」を意味するのか?

注意する必要があります。


音程(インターバル)とは?

ポピュラー・ミュージックや
クラシックなどの音楽で
あつかわれる音は
それぞれ「音の高さ」が
決められています。


たとえば、
ピアノの真ん中のドより
半音3つ分下の「ラ」の音は、
音の周波数440Hzに
設定されています。


ピッチがずれてしまったり
わざとずらして
演奏されることもありますが
今回、それは
例外として考えてください。



そして、
音階(スケール)で
つかわれる音は
ある1つの音から、
それ以外の音に対して
一定の関係があります。

関係というと
わかりにくいかもしれないので
音と音との「距離」と
おもっていただいたほうが
わかりやすいかもしれません。


たとえば、

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」の

「ド」の音から
「レ」の音の関係(距離)は、
いつも同じです。

「ド」から
「ミ」の音の関係(距離)も
常に一定です。


「ド」から「レ」の
音の関係が2回目に発音するときに
「ファ」と同じ関係になったりと
毎回変わってしまっては
音楽として
成り立ちにくいということです。

あたりまえのことかもしれませんが
そういうことです。


そして、
この音と音との関係、
距離のことを
音程インターバル
と言います。

音名の呼び方

音階(スケール)の箇所でも説明したとおり

ハ長音階(Cメジャー・スケール)では
「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の
7つの音がつかわれるのですが

この「ドレミ・・」という呼び方は
音名の呼び方のひとつで
イタリア音名という呼びかたです。


正確には、イタリア語なので
カタカナではなく

「Do・Re・Mi・Fa・Sol・La・Si」
となります。

音名の呼び方については
いくつかあるのですが
ここでコールユーブンゲンでつかわれる
音名についてまとめてみましょう。



日本語音名

「ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ」


英語音名

「C・D・E・F・G・A・B」


数字譜

「1・2・3・4・5・6・7」



日本語音名は、主に楽曲の調を
表記するときに使われたりします。


例えば、


ハ長調は、

「ハ(イタリア音名では「ド」)」の
音を主音とする長調


ト短調は、

「ト(イタリア音名では「ソ」)」の
音を主音とする短調


といった感じです。


「嬰ハ短調」などでつかわれる
「嬰(えい)」は「#(シャープ)」

「変ロ長調」などでつかわれる
「変」は「b(フラット)」の意味です。



英語音名は、
コード表記でよくつかわれます

たとえば

「Cmaj」は、
「C(イタリア音名では「ド」)」を
根音(ルート)とするメジャー・コード

「Gm」は、
「G(イタリア音名では「ソ」)」を
根音(ルート)とするマイナー・コードです。


数字譜は、
大正琴やハーモニカ、二胡の楽譜で
見かけることが多いのですが、

主音からを「1」として番号をつけます。


たとえば

ト長調の「ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ#」では
主音の「ソ」を「1」と呼び

ソ  = 1
ラ  = 2
シ  = 3
ド  = 4
レ  = 5
ミ  = 6
ファ#= 7

となります。


音階(スケール)とは?


自然界に音の周波数は無限にあります。


たとえば、
バイオリンなどの弦楽器でいえば
指で押さえる位置を
1ミリずつずらして弾くと
それぞ。れ若干、周波数が
ずれて発音されるようにです

「ド」と「レ」の音の高さの間には
「ド#(シャープ)」や「レ(フラット)」の
半音だけでなく、
「ド」よりすこしだけ高い音など
無数にあるというわけです。


では、その無限にある音をどのように並べたとき
理論的に聞えるでしょうか?

もうすこしわかりやすく言うと
無数にある音を
どのような音の高さで整えたとき
音楽として聞えるでしょうか?


それは、音階(スケール)に基づいて
並べられた時、理論的に
つまり、音楽として聞こえるようになります。


音階(スケール)には、
さまざまの国々、さまざまなジャンルで
たくさんのものがありますが
ここではわかりやすく、
西洋音楽のハ長音階(Cメジャー・スケール)で
考えてみましょう。


ハ長音階(Cメジャー・スケール)は
「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の7つの音と、
1オクターブ高い「ド」の音を加え
それぞれの音のあいだに
7つの距離(音程)ができます。

その距離はすべて等しいというわけではなく
5つは、「全音」
2つは、「半音」です。

半音は長音階(メジャー・スケール)において
音程の最小単位で、
全音は、半音の2倍の音程(距離)です。


ハ長音階(Cメジャー・スケール)では

半音は、ミ―ファ、シ―ド
全音は、ド―レ、レ―ミ、ファ―ソ、ソ―ラ、ラ―シ

の音程(距離)です。


まず、このハ長音階(Cメジャー・スケール)の
上行「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」と
下行「ド・シ・ラ・ソ・ファ・ミ・レ・ド」を
伴奏なしで正しく歌うことができるようにすることが
歌うことの練習の始まりです。


コールユーブンゲンでは、
ハ長音階(Cメジャー・スケール)の練習からはいっていきます。

http://eartraining.jp/mets/

メロディ(まとめ)

メロディから「音の長さ」を取ると
リズムのないただの音の集まり、
和音となります。

また、
メロディから「音の高さ」を取ると
音程のないただのリズムとなります。


そう考えると

結局メロディとは、

「リズム」を持つ音楽の楽理にかなった音列

もしくは、

音楽の楽理にかなった「音列」を持つリズム


ということができます。


前者の場合、
バラードなどあまりリズムを重要視しないメロディ

後者の場合、
ラップなど音程よりもリズムを意識したメロディ

などが挙げられると思います。



このリズムと音の高さ、2つの要素をわけて解説、
トレーニングしていくことでメロディを
深く理解することができます。


コールユーブンゲンは、それらに特化した教材といえます。


そんなコールユーブンゲンを利用した、
プログラムはこちらです。

http://eartraining.jp/mets/

メロディから「音の高さ」を取ると・・

前回、メロディから「音の長さ」を取ると
リズムのない、ただの音の集まりと
なってしまうと説明しました。


では次に、メロディから
「音の高さ」をとってしまうと
どうなるでしょうか?

それぞれの音に高さがないので、
今度は、リズムだけになります。

ダンスでいえば拍子や足踏み、
耳に聞こえないものでは、
時計の振り子、指揮者の指揮棒の動き
鳥のはばたきなど、

リズムとは、
一定時間に往復する規則的な運動
ともいえます。

音楽では、ドラム・ソロや
パーカッション・アンサンブルも
「音の高さ」のない
(全くないというわけではありませんが)
メロディともいえるでしょう。


メロディから「音の長さ」を取ると
ただの音の羅列になってしまい、
メロディとなりえなくなってしまう、
と説明しましたが

リズムの場合、
それだけでメロディになりえるので
音楽的には「音の高さ」より
重要なものなのかもしれません。

コールユーブンゲンでは、
このリズムを拍にあったものから
拍を2つ、3つ、4つに分割して
トレーニングする課題曲や

楽曲に躍動感を与える
シンコペーションのリズムについても
詳しく解説されています。


リズムに強くなることで
よりメロディ(旋律)を
表現豊かに演奏できるようになる、
というわけなのです。


コールユーブンゲンを
わかりやすく、
トレーニングしやすいように
作られたプログラムはこちらです

http://eartraining.jp/mets/


タイトル:メロディから「音の長さ」を取ると・・

前回、メロディはの2つの要素

・音の高さ
・音の長さ

から成り立つと説明しました。


では、もし、メロディから
「音の長さ」をとってしまうと
どうなるでしょうか?

それぞれの音に長さがないので、
どのタイミングで
発音してもよいことになります。

つまり、リズムのない
ただの音の集まり

もしくは、同時に発音した場合
和音となってしまいます。


そうなると、メロディ(旋律)の
役割を果たせなくなってしまうのですが

発音するタイミングやリズムを
気にしなくてもよいので

「音の高さ」だけを
トレーニングするには
都合がよいというわけです。


つまり、
一般的に言われる「音感」を
養うためには、

むしろ、音の長さ、リズムを無視して
考えたほうがわかりやすいのです。


その理由から
コールユーブンゲンの前半部分では、
ただ拍を刻むような簡単なリズムで
音程にのみ集中して
トレーニングできるように
つくられています。


もちろん、
リズム・トレーニングについても
述べられているのですが
それはまた次回ご案内します。


まず、はじめに簡単なリズムで
音程にのみ集中して
トレーニングできるコールユーブンゲンを
つかったプログラムはこちらです...

http://eartraining.jp/mets/

メロディとは・・

コールユーブンゲンは、
メロディ(旋律)を譜面から
正確にうたうことができるように
するためにつくわれた教材です。

では、メロディとはいったい
どんなものなのでしょうか?

まず、メロディがどのような要素で
成り立っているのかがわかれば
より正確にメロディを歌うことができますので
それを考えてみましょう。


メロディの要素とは、

・音の高さ
・音の長さ

の2つとなります。


「音の高さ」、「音の長さ」が
ある一定のルールに従って
並べられた、整理されたものが
メロディとなるのです。

コールユーブンゲンは、
これら2つの要素を分解して
トレーニングしていく
プログラムなので、

すぐに複雑なメロディを
うたえるようなものではありません。

しかし、単純なメロディからはじめていくので
混乱をおこさずに進めていくことができるでしょう..


そんなコールユーブンゲンをつかったプログラムはこちらです

http://eartraining.jp/mets/



人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。